特許出願

特許出願の流れ

発明等届出書

特許に関するご相談

特許出願の流れ


【Step 1】論文公表前の連絡・相談


権利化可能な研究成果については、論文・学会等で公表する前に、産学・地域協働推進機構にご連絡・ご相談ください。研究室にお伺いします。

【Step 2】発明等届出書の作成・提出


発明等届出書は、職務発明規程に基づき、発明等を行ったことを大学に届け出る書類です。
必要事項をご記入のうえ、提出ください。

【Step 3】知的財産専門部会で審査


発明等届出書の記載内容をもとに、知的財産専門部会で出願要否を決定します。大学から出願しない場合は、発明者個人で出願することも可能です。

【Step 4】権利譲渡書の作成・提出


譲渡証書は,職務発明規程に基づき,特許等を受ける権利及びこれによって得られる特許権等を大学に譲渡する同意書です。
譲渡証書の様式について,単独出願,共同出願の別,譲渡人(発明者)に学生が含まれるか否かにより,4種類の様式があります。産学・地域協働推進機構では,発明者からの発明等届出書に基づき,該当する様式をお送りしますので,譲渡人(発明者)の住所の記入・署名・捺印の上返送をお願いいたします。

【Step 5】明細書作成のためのヒアリング


大学からの出願決定後、明細書作成のためのヒアリングをさせていただきます。
産学・地域協働推進機構 産学推進本部の担当者が伺います。

【Step 6】明細書原稿の内容確認


弁理士が作成した明細書原稿の内容を確認し、必要があれば修正を行います。
技術内容に関して、弁理士から発明者に問い合わせがあれば、対応いただきますようよろしくお願いします。

【Step 7】特許出願


完成した明細書を特許事務所から国内外の特許庁に出願します。
出願後、出願書類の控1部を産学・地域協働推進機構 産学推進本部から発明者に送付いたします。
特許事務所への手続き・支払いは産学・地域協働推進機構 産学推進本部が行います。

発明等届出書


発明等届出書(記入例)(PDF)(144 KB)

発明等届出書(WORD)(116 KB)

特許に関するご相談

下記<特許専用>窓口よりご相談ください。 

<特許専用> 窓口

北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局