研究者紹介

【ライフサイエンス】 (2012/04/25公開)

◇樋田 京子 特任准教授 遺伝子病制御研究所 フロンティア研究ユニット・血管生物学研究室

血管を標的とした革新的医薬分子の開発プロジェクトを遂行


口腔外科医の臨床経験から研究の対象が決まる


 樋田特任准教授は、本学の歯学部卒業後に口腔外科医として8年勤められました。その間、口腔がんなどの患者さんを目の当たりにし、「基礎研究をやるなら“がん”」との思いが募り、学位を口腔がんの浸潤転移に関する研究で取得されました。その後も臨床に従事されていましたが、2001年、北大病院の呼吸器外科医のご主人の留学に伴い、1歳の双子を連れられて米・ハーバード大へ留学しました。当時、殆ど試みられていなかった“がん”に特有の血管内皮細胞(腫瘍血管内皮細胞)を分離して、その特異性を見出す研究に取り組みました。それまでの定説に反し、腫瘍血管内皮細胞に染色体異常があることを発見し、研究の面白さに目覚めたことから、帰国後は研究者としての道を歩むことになりました。

“がん”の血管だけが持つ特異マーカーを発見


 “がん”は自らの成長や転移の形成のために血管を呼び寄せ、沢山の血管を作らせます。このことに着目して開発された新しいタイプの抗がん剤が血管新生阻害剤で、これらはがん細胞そのものではなく、がん細胞が栄養や酸素を得るために引き寄せるがんの血管を攻撃することで、がんを兵糧攻めにして、“がん”増殖を抑制します。この血管新生阻害剤は、新しいタイプの抗がん剤として成果をあげ、注目を浴びています。しかし、この薬剤にも高血圧などの副作用があることが分かってきました。その理由として、がんの血管だけではなく正常血管にも作用してしまうためではないかと考えられています(図1の黄色の丸)。樋田特任准教授のグループでは、“がん”の血管の細胞を分離し、培養することに成功し、がんの血管だけがもっている特異マーカーを発見しました。それらの特異マーカーを標的とする新しい薬剤は、正常の血管には作用せずがんの血管の細胞にのみ作用するため、副作用がなく、より効果的に“がん”を養う血管のみを攻撃して、治療できると期待されています(図1ピンクの四角)。現在、この
ように“がん”の血管だけに作用する薬剤を製薬企業とともに開発をしています。


図1

人類の健康に寄与したいとの思いから血管新生阻害剤開発へ


 樋田特任准教授は医薬の分野における研究の重要性について次のように考えておられます。「資源に乏しいわが国にとって科学技術の発展とその応用は非常に重要です。特に国民の健康を支える医薬はその多くが海外で開発され輸入されたもの、なかでも
抗がん剤は特許使用料が反映されているため、価格の高い抗がん剤を医療の現場で使わざるを得ず、国民の負担や医療費の増加につながっています。 国民の2 人に1 人がかかるといわれる時代、今後、わが国で医薬の開発においてますます産学連携が進
み、研究開発で得られたシーズが創薬につながることを望んでいます。」大学で研究を続ける樋田特任准教授のモチベーションは「腫瘍血管を特異的に標的とする新しい世代の血管新生阻害剤を開発して、国民、人類の健康に寄与したい」というものです。同時に「抗生剤の開発により、多くの人間の命を感染症から救ったのと同じように、“がん”は治せるという時代を迎えるために貢献したい」ともおっしゃっています。

血管を標的とした革新的医薬分子の開発プロジェクトを遂行


 血管生物学教室は、2009 年春、特別教育運営経費によって開設されました。北大発の部局横断型の連携プロジェクトとして、薬学研究のドラッグデリバリーシステム研究の第一人者である原島秀吉教授が主宰されている「未来創剤学研究室」の先生方と血管を標的とした革新的医薬分子の開発プロジェクトを遂行しています。
 現在上記の新しいがんの治療薬開発のための研究に加え、疾患ごとの血管内皮細胞の異常性獲得メカニズムの解明など基礎研究も行っているそうです。 4 名のスタッフと歯学研究科のみならず医学研究科、理学研究院出身の大学院生たち7名が互いに切磋琢磨しあって研究に励んでいます。学部学生も研究室を自由に訪れ研究を行っております。この3 年間に22 編の英語論文の発表、10 件の特許出願に加え、大学院生の全国学会学術賞受賞、大学院生の学術振興会特別研究員採用など、成果をあげられています。また「これからもおおいに研究室の外の風に触れ、刺激を受けながら研究室員一同、互いが協力し合いプロジェクトの成功を目指して、日夜研究に励んで行きたい。」と話されています。

研究室HP:

http://www.den.hokudai.ac.jp/vascular-biology/index.html


樋田特任准教授の最新のシーズ技術はこちらよりご覧いただけます(2016年研究シーズ集 vol.3掲載)

Update 2016-09-08
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局