客員教授 牧内 勝哉(まきうち かつや)


オープイノベーションの動きが加速してきました。これは、研究から製品化などの一連の流れを企業内で行うのではなく、大学や研究機関、研究開発ベンチャー、他企業などからのライセンスなどを活用して行う、新事業を効率的に迅速に立ち上げる社会体制への再編です。

大学は、その中で基礎的なフェーズの研究、技術開発などシーズの供給者であるとともに、人材を供給し、社会的な問題を先んじて発見するなど、新たな社会的ニーズを発掘する役割を担っています。

我々は、そうした大学のもつポテンシャルを引き出し、企業や政府、自治体などとともに社会で活用していくための専門能力を有したイノベーション人材の集団たることを志し、日々研鑽を積み、業務にあたっています。そのツールは、特許など知的財産のライセンシングであり、共同研究であり、大学発ベンチャーです。

新しい産学・地域協働推進機構では、そうした能力を一層高め、我が国のイノベーションシステムの一翼としての期待に応えることができるよう、努めていきたいと考えています。
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局