『北大発ベンチャー促進懇談会』を実施

去る3月30日(月)本学百年記念会館大会議室にて
「北大発ベンチャー促進懇談会~サッポロバレーから学ぶ北海道の創業支援策~」を実施しました。

本学は、北大発ベンチャーの設立を促進するための支援制度を4月から本格始動しますが、この懇談会はそのキックオフとして実施したものです。

主催が本学産学連携本部(4月から産学・地域協働推進機構)、共催として中小企業基盤整備機構北海道本部、後援として経済産業省北海道経済産業局、北海道、札幌市、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会、一般財団法人さっぽろ産業振興財団、公益財団法人北海道中小企業総合支援センター、北洋銀行、株式会社東京大学エッジキャピタル、北海道ベンチャーキャピタル株式会社がなり、
将来の北大発ベンチャーを支える各支援機関が本懇談会の運営に関わっていただきました。
まず、産学連携本部長の川端和重 理事・副学長の挨拶からはじまり、次に基調講演として「アベノミクス・成長戦略の中心施策:創業促進」のテーマで中小企業基盤整備機構 矢島 敬雅 理事、特別講演として「サッポロバレーへのファンレター 北大発ベンチャーの作り方と楽しみ方」のテーマで大学院情報科学研究科 山本 強 教授に登壇いただきました。

その後、パネルディスカッション「生かせ!大学のシーズ!ベンチャー起業指南」をテーマとして、コーディネーターに牧内 勝哉(産学連携本部 副本部長)、4名のパネラーに金子 純一 准教授(本学工学部)、野口 将輝 氏(本学博士課程)、株式会社エヌビィー健康研究所 代表取締役 高山 喜好 氏、投資会社Uni-Asia Holdings Limited 前会長 吉田 一彦 氏を迎え、登壇いただきました。

最後に、「北大の新しいベンチャー支援制度概要」と大学発ベンチャー等のインキュベーション施設である「北大ビジネス・スプリング」の説明を行いました。
当日は、定員を大きく上回る94名の方が参加いただきました。
改めて、「北大発ベンチャー」の関心の高さを確認することができました。


川端産学連携本部長  冒頭挨拶


中小企業基盤整備機構矢島理事基調講演


情報科学研究科山本教授 特別講演



パネルディスカッションの様子


懇談会終了後、各支援機関の個別相談コーナーを設置しましたが、学内研究者を中心に6件の相談があり、活発な意見交換が行われておりました。
4月から産学連携本部が改組・拡充して、産学・地域協働推進機構となりますが、その中に
「創業デスク」を設置します。

「創業デスク」は、ベンチャー設立を考えている研究者および学生と、各種支援制度を運営している支援機関とのマッチングを行います。
加えて、本年秋に北大発ベンチャーの認定制度ができる予定ですが、その窓口業務も行います。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。

»»問い合せ先
【担当】産学・地域協働推進機構 産学推進本部 創業デスク担当・須田
  startup@mcip.hokudai.ac.jp
  ※迷惑メール防止のため@を大文字にしています
【内線】9559
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局