北大発ベンチャー促進懇談会

学内で創業を考えている方の情報収集を手助けする懇談会です。
「【北大発ベンチャー】創業デスク News Letter」(メールマガジン)で適時創業関連情報を配信するとともに、創業支援機関のエキスパート、ベンチャーキャピタルの専門家、創業経験者等の経験談などの講演会を開催いたします。
同時に個別相談ブースを設け、当面する課題の相談にのっていただく機会を設けます。

【終了しました】第9回北大発ベンチャー促進懇談会 年次報告会開催のお知らせ

3月29日(火)14:00~
第9回は年次報告会として、「ベンチャーキャピタルを使いこなす ~ベンチャーの成長を加速~ 
を開催いたしました。

2015年度から新たに立ち上げた
北海道大学の創業デスクの成果報告会を開催いたしました。

これまでの月例会のレビューはもちろんですが、
様々なベンチャーキャピタルが創設されている現在、大学として
どのようなベンチャーキャピタルと協業が可能なのか、
といった形で1年間の総まとめを行いたいと思いました。

詳細、イベントリポートはこちらをご覧ください


開催概要


  • 日 時:2016年3月29日(火) 14:00~

  • 会 場:北海道大学 百年記念会館

  • 参加費:無料

  • 定 員:100名(興味のある方ならどなたでも参加できます)


会場へのアクセス方法はこちらをご確認ください。
アクセス:https://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/100th/

プログラム

第1部


連携協定調印式



  • 北海道大学 産学・地域協働推進機構
       機構長 川端 和重

  • 東京大学エッジキャピタル(UTEC)
    代表取締役社長 郷治 友孝


基調講演



  • 「ベンチャーキャピタルの機能と活用」
       独立行政法人 中小企業基盤整備機構  理事 矢島 敬雅

  • 「大学発ベンチャーとベンチャーキャピタルの活動について」
       東京大学エッジキャピタル(UTEC)    代表取締役社長 郷治 友孝
  •       

創業デスク年間報告会



  • 北海道大学 産学・地域協働推進機構  副機構長 牧内 勝哉
  •  

道内起業家ピッチ



  • 開催挨拶

  • コメンテータ紹介
    ◇ 東京大学エッジキャピタル(UTEC) 代表取締役社長 郷治 友孝   
    ◇ 株式会社セラフ   代表取締役社長 土屋  努
    ◇ ウエルインベストメント株式会社 投資部 部長 前田 信敏
    ◇ ブラザー工業株式会社 新規事業推進部グランド・マスター 安友雄一

  • ビジネスプラン発表
     4組(各15分:5分プレゼン、10分質疑応答)
  •       
  • 講評

  • NEDOプログラムのご案内

講師のご紹介


矢島 敬雅

Yoshinori Yajima
独立行政法人 中小企業基盤整備機構理事

群馬県高崎市生まれ。1986年北海道大学工学部資源開発工学科を卒業。
同年、通商産業省入省。以降、主に資源エネルギー政策、中小企業政策を担当。2003年米国ヒューストン駐在、2007年経済産業省鉱物資源課長、2010年同製品安全課長、2013年中小企業庁経営支援部長等を歴任し、2014年7月現職に就任。
これまで、資源外交の推進、レアメタル政策の立案や消費者安全行政、近年は小規模企業振興基本法の制定、ものづくり支援、創業支援等の中小企業振興に取り組む。また、中小機構において、ベンチャー等支援のためのファンド事業やインキュベーション事業、全国47ヶ所の「よろず支援拠点」事業等を担当した後、現在は組織運営の全般をまとめる総務担当。


郷治 友孝

Tomotaka Goji
株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)
代表取締役社長

ユーテック一号投資事業有限責任組合(2004年)、UTEC2号投資事業有限責任組合(2009年)、UTEC3号投資事業有限責任組合(2013年)の設立を担当するとともに、ベンチャー企業の創業期からのベンチャーキャピタル活動を手がけてきた。
2004年4月当社創業参画、2006年2月代表取締役社長就任。ファンド統括に当たるとともに、これまでに、テラ株式会社(2009 年3月JASDAQ上場)、株式会社モルフォ(2011年7月東証マザーズ上場)、株式会社シリウステクノロジーズ(2010年8月ヤフー株式会社により買収)を含む16投資先の社外役員に就任。1996年通商産業省入省、同省にて『投資事業有限責任組合契約に関する法律』(投資事業有限責任組合法、1998年成立)等を起草、2004年退官。1996年東京大学法学部卒、2003年スタンフォード大学経営学修士課程(MBA)修了。日本スタンフォード協会理事。日本ベンチャーキャピタル協会常務理事(規制・制度改革担当)。


土屋 努

Tsutomu Tsuchiya
株式会社セラフ
代表取締役CEO

1960年 東京生まれ。北海道大学法学部卒。旧財閥系信託銀行に入行、本店で外国為替ディールング、デリバティブ商品開発等に従事。アジア経済勃興時に香港に転勤。中国等アジア地域での大規模プロジェクトへの参加、シンジケートローンの組成等に携わりインフラ事業の調査や融資等を積極的に推進。香港では「アジアカントリーリスク研究会」等を自ら立ち上げ多彩な人脈を得る。帰国後、組織防衛のため産業育成という使命を失った銀行に失望し退社。
1996年IT開発を中心とする株式会社セラフを設立、代表取締役CEOに就任。その後、報道企画、音楽・CG制作、コンサルティング等の企業10社以上の設立。出資者・役員・メンターとして参加。コンサル先から上場会社も輩出。
これまで外国政府機関の招聘やビジネス等で訪問した国は40ヵ国を越える。
事業経営の考え方は「人材づくり」を第一とし、「時間をかけてでもしっかりと人と企業を育てていくこと」を是とする。いたずらに利益や規模を追わず。「企業経営とは利益追求ではなく、利益を創造すること」が口癖。
2001年よりTBSの事業化推進顧問。また博報堂グループ「地方創生プロジェクト=DININGOUT」ではストラテジストを務める。


前田 信敏

Nobutoshi Maeda
ウエルインベストメント株式会社
投資部 部長

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修了(MBA)。大和企業投資(株)勤務等を経て、2008年よりウエルインベストメント(株)投資部長。2009年より早稲田大学アントレプレヌール研究会理事。2012 年より文部科学省・大学発新産業創出拠点プロジェクト事業プロモーター。2013年より早稲田大学インキュベーションセンターシニアコンサルタント。 2014年より国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業カタライザー。大学発ベンチャー企業をはじめとする、高い技術力や斬新なビジネスモデルを持つアーリーステージのベンチャー企業に対する支援を長年手がけている。


安友 雄一

Yuichi Yasutomo
ブラザー工業株式会社
新規事業推進部 グランド・マスター

昭和56年北海道大学大学院工学研究科原子工学専攻博士後期課程修了(工学博士)後、ブラザー工業株式会社入社。
昭和61年パソコンソフト電子流通システム「ソフトベンダータケル」を社内ベンチャーとして立ち上げ収益事業化に成功。
平成4年ベンチャー事業立ち上げのために株式会社エクシングを設立(カーブアウト)し、代表取締役就任。通信カラオケ「JOYSOUND」を推進し、成功させる。以降、エクシングでは、携帯電話向け着メロ(ポケメロジョイサウンド他)等のコンテンツビジネスを推進積極展開し、今日のB2Cコンテンツデリバリー事業の草分けとなった。
平成13年ブラザー工業に戻り、グループ新規事業/ベンチャー投資事業(CVC)をスタート。高齢化社会に向けたコンテンツ事業として、健康事業「エクサミュージック、JOYBEAT」を立ち上げ。一方、CVCは、13億円規模のファンドを組成・運用し、事業アイデアの発掘と高いパフォーマンス(プラスの運用益)を達成した。

ビジネスプラン発表者


小上 裕二

Yuji Kogami
株式会社スカイシーファーマ
代表取締役

関西学院大学大学院終了後、東洋醸造入社。1992年旭化成ファーマ(当時旭化成工業)との合併に伴い旭化成ファーマ入社、一貫して創薬研究を行う。
2006年旭化成ファーマ退社、PRISM Pharma(当時PRISM BioLab)を3名で創設、2010年PRISM Pharma退社後、株式会社D.D.P.創設、2015年株式会社スカイシーファーマ創設。
現在、株式会社D.D.P.および株式会社スカイシーファーマ代表取締役


飯永 一也

Kazuya Iinaga
メディカルフォトニクス株式会社
代表取締役

1998年3月大阪工業大学大学院修了(工学修士)、2011年東京農工大学大学院修了(MOT)。
2011年 カネカ×慶応大学マーケティングプランコンテスト特別賞受賞(3位)
2012年 テクノロジー&ビジネスプランコンテスト2012 
ビジネスアイデア部門賞受賞
2015年 NEDO Technology Commercialization Program ファイナリスト賞受賞

1998年4月よりデンカ生研株式会社に勤務。2014年8月退職。在職中に、脂質検査を中心とした、学術活動などを経験。学術、技術サービス、MR(営業)の各部門に所属した。また、クラスター創成事業(第2期)、さっぽろBioクラスターに企業担当者として参画。
得意分野:臨床検査


150415北海道建設新聞掲載記事より抜粋


堀田 大介

Daisuke Hotta
株式会社ディ・ビー・シー・システム研究所
長寿命熱電対事業部MG

1978年6月24日生まれ。北海道出身。室蘭工業大学工学部卒業後、北海道大学大学院工学研究科に進学。2006年、北海道大学より博士(工学)の学位を授与される。同年、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)入構。産学連携人材(NEDOフェロー)として大学の研究成果を社会へ展開する技術移転業務に従事。
その後、北海道大学産学連携本部、北海道科学技術総合振興センター等にて技術移転業務の他、ベンチャー企業支援業務に従事。2011年、北海道大学名誉教授の成田敏夫氏が設立したベンチャー企業「株式会社ディ・ビー・シー・システム研究所」に参画。同社は、人工衛星姿勢制御用スラスタエンジン、航空ジェットエンジン、発電用ガスタービン、工業用熱電対等への各種コーティング技術の研究開発を手掛ける。


Team Magonote 炭田



Team Magonote 石田


石田祥英・炭田高輝

Shoei Ishida・Takaki Sumita
Team Magonote

北海道大学大学院 情報科学研究科 修士課程 情報理工学専攻所属
大学院での研究分野は機械学習や量子コンピューティング、またそれに関連するアルゴリズムなど。
昨年の11月からMagonoteの製作を始め、今年の1月にプロトタイプをリリース。Magonoteは多言語での情報収集とそれを通じた言語学習をサポートするWebサービス。現在、石田・炭田の2名で、4月以降のサービスのローンチを目指し開発中。

企業&サービス概要

独立行政法人 中小企業基盤整備機構


中小機構とは
中小機構は経済産業省所管の独立行政法人で正式名称を中小企業基盤整備機構といい、中小企業施策の総合的な実施機関としての役割を果たしています。
日本経済を支える中小企業を元気にするため、中小機構では創業から事業再生、災害対策などのセーフティネット(安全網)まで、中小企業のライフステージや課題に合わせた支援体制を整えています。
中小機構では「中小企業の発展と地域振興」を実現するために、全国9ヵ所の地域本部を地域の最前線として、幅広く皆様をサポートしていきます。

株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)


事業内容:
東京大学などの大学・研究機関等の技術や人材を活用するベンチャー企業への投資活動を通じたベンチャー・キャピタル・ファンド運営業務
各種ベンチャー支援(起業支援/人材紹介/株式公開支援/M&A支援/専門家紹介)
設立: 2004年4月1日
本社: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学産学連携プラザ4F
資本金: 1,000万円
株主 : 一般社団法人東京大学産学連携支援基金

株式会社セラフ


・コンピューターのソフト及びハードの企画、制作および販売
・コンピューター技能者の育成
・情報処理及び情報提供業務
・市場調査、出版、広告、宣伝に関する業務
・テレビ、ラジオ、ビデオ番組の企画制作業務
・経営コンサルタント業務
・広告代理業 他

ウエルインベストメント株式会社


早稲田大学アントレプレヌール研究会(WERU)を発祥として、1998年に設立されたベンチャーキャピタルです。研究会発足から約20年間に渡り、早稲田大学をはじめ、他の大学・独立行政法人が有する「知」の事業化に積極的に取り組んでまいりました。
大学・独法が保有する技術シーズを事業化に導き、新産業・新規マーケットを創出することを今後も行ってまいります。

ブラザー工業株式会社


次世代を担う新規事業を育成・確立することを目指しています。文書などの電子化やデータベース化を支援する「ドキュメント活用分野」と、ネットワーク技術と競争力のある製品を組み合わせ"つながる価値"を提案する「遠隔コラボレーション分野」に集中し、戦略的に事業を立ち上げ、事業規模の拡大を図ります。

株式会社スカイシーファーマ


自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の研究・開発を行っている企業です。
人口の1%がASD患者であるにもかかわらず、未だに根本的な治療薬の開発が出来ていません。弊社は根治治療が行える治療薬の開発および診断キットなどの周辺機器の開発などを進めております。

メディカルフォトニクス株式会社


近赤外光を用い、採血することなく血中脂質を計測する技術を開発しました。
採血不要の血中脂質モニタリングシステムの実用化を行い、いつでも・どこでも・誰でも簡単に健康管理をできる環境を整備し、国民の健康の維持向上に貢献します。

株式会社ディ・ビー・シー・システム研究所


1.高温腐食・防食・コーティングに関するコンサルティング・研究開発
2.高温腐食・防食・コーティングシステムの設計・試作・施工
3.耐熱・耐食性材料の研究開発

いままでの懇談会

日付 タイトル
2016/03/29 年次報告会
ベンチャーキャピタルを使いこなす ~ベンチャーの成長を加速~
2016/03/24 鳥人間コンテスト、レーシングカー設計の経験とベンチャー支援の深遠な関係
2016/02/23 証券系創薬ベンチャーキャピタルの狙い
2016/01/28 新興ベンチャーキャピタルの戦略
2015/11/26 クラウドファンディング×ITベンチャー・スタートアップ
2015/10/29 株式会社ユーグレナが創ったベンチャーキャピタル
2015/09/10 New Trend ! エレクトロニクス商社のベンチャー支援
2015/07/15 ベンチャーキャピタルの役割
2015/06/18 企画段階から起業をサポート!!
2015/03/30 サッポロバレーから学ぶ北海道の創業支援策
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.3
「食と健康」研究会 イノベーション・マネージャー育成ユニット 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧