『気候変動問題をビジネスチャンスに ―環境技術で地域を創る―』を開催

去る6月17(水)本学工学研究院フロンティア応用科学研究棟の「鈴木章ホール」にて、講演会「気候変動問題をビジネスチャンスに ―環境技術で地域を創る―」を実施しました。

この講演会は、在札幌米国総領事館、本学産学・地域協働推進機構および工学系連携推進部が主催で、
北海道、札幌市、北海道経済連合会、株式会社北洋銀行、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会を後援として実施いたしました。

先ず、在札幌米国総領事館 領事 セオドア・ディール氏の趣旨説明とあいさつから始まり、
ケン・ヘイグ博士(OPower 渉外部 ディレクター)により、「気候変動問題をビジネスチャンスに -アメリカの新たな挑戦-」をテーマに基調講演を行いました。

後半は、パネルディスカッションを行いました。
本学の産学・地域協働推進機構産学推進本部長の山本強教授をモデレーターに、ケン・ヘイグ博士と本学工学研究院教授・長野克則氏、富士電機・スマートコミュニティ総合技術部部長・増渕正裕氏をパネラーに迎え、
①環境問題に対応する技術開発例、②環境ビジネスで地域社会と適応する例や地域の雇用創出効果、③スタートアップ企業が「省エネや自然エネルギー利用技術など」のビジネス・モデル構築で目指すべき方向、④地域から環境問題をビジネスチャンスに変えるには?という視点で意見交換を深めました。

セオドア・ディール氏とケン・ヘイグ博士の流暢な日本語によるあいさつと講演でより一層、アメリカを近くに感じた講演会となりました。
また、アメリカの先進的なスタートアップ企業の事例が理解できたことはとても意味深いことと考えます。
両機関との今後の連携関係を期待して活動をしてまいります。


開会挨拶 セオドア・ディール氏


基調講演 ケン・ヘイグ氏


パネルディスカッションの様子

北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局