平成27年度「ふるさと北海道応援フォーラム」に参加

去る8月19日(水)、ホテル・メトロポリタン・エドモント(東京都千代田区)において「ふるさと北海道応援フォーラム」が開催されました。

主催は北海道及び北海道企業誘致推進会議で、後援が北海道大学他多数の機関、協力が北海道大学連合同窓会です。(参加者は約270名)
このフォーラムの第1回目は、本年の2月に同じ場所で行われ、予想を大きく上回る参加者(約250名)があったもので、今回が第2回目となります。

本フォーラムの目的は、「地方創生」の議論が活発に行われている中、道外で活躍されている北海道出身の企業関係者や道内大学出身者等、北海道にゆかりのある方々を対象に、北海道の「今」をお伝えし、ふるさと北海道を懐かしんでいただくとともに、ビジネスフィールドとしての北海道の魅力をお伝えすることにあります。

本フォーラムは二部構成となっており、第一部では各機関がプレゼンテーションを行いました。
まず、「本道にゆかりの企業人からの講演」として、株式会社日立製作所・相談役 川村 隆氏が、次に「道内自治体における取組のプレゼンテーション」として和寒町長 奥山 盛氏、北海道三笠高等学校・学校長 高瀬 雅朗氏がプレゼンテーションを行いました。また、「道内大学からのプレゼンテーション」として、本学理事・副学長 川端 和重、小樽商科大学・CBC副センター長 北川 泰治郎氏が発表しました。
次に、「クラウドファンディングによる北海道への投資のご案内」としてミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役小松 真実氏が発表しました。
続いて、北海道の高橋 はるみ知事からのご挨拶があり、最後に、高橋知事より「北海道ふるさと応援大使」として、JR東日本㈱顧問の松田 昌士氏、㈱日立製作所相談役の川村 隆氏、JFEエンジニアリング㈱相談役の岸本 純幸氏の3名が任命されました。

第二部は交流会で、会場内には本学の他、道内市町村などのブース展示があり、道内の食材を中心とした食事を楽しみながらの懇談となりました。

本学のブースには、たくさんの本学OBや企業関係者が来訪し、活発な意見交換や情報交換で大いに盛り上がりました。本学のOBの多くは、北海道大学、そして北海道に対し、特別な想いがあることが感じられました。
今回のフォーラムで北海道への企業誘致にますます拍車がかかるものと期待しております。


第1部_セミナー会場の様子



第1部_川端理事・副学長のプレゼンテーション



第1部_3名の北海道ふるさと応援大使と高橋知事



第2部_交流会の北大ブース展示の様子



第2部_交流会会場の様子


北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局