メッセナゴヤ2015に出展しました

11月4日(水)より11月7日(土)までメッセナゴヤ2015に出展しました。

メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年にスタートした「異業種交流の祭典」です。本イベントは、日本最大級の異業種交流会であり、総ブース数は1,300、総来場者数は63,802名にのぼりました。

本学は「北海道ブース」(北海道経済部産業振興局が主催)の中で出展し、今年度新たにオープンしたフード&メディカルイノベーション国際拠点や本学のオープンファシリティーの施設や機器類、北キャンパスにおいて実施している研究から事業化までの一貫した産学連携の取り組みについて紹介しました。

本学のブースには、東海地域の企業の皆様をはじめ、たくさんの本学のOB、OGの方や北海道に縁のある方に来ていただきました。
17年前まで、北キャンパスは農地でしたが、当時を知るOB、OGは現状の航空写真を見てとても驚かれていました。

本学の整備された研究環境を東海近隣の方々に知っていただき、たくさんの方が本学に来ていただければと思っております。


北海道ブースの様子


展示ポスター


北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局