~創業を目指す方・創業支援をされたい方へ~「 クラウドファンディング×ITベンチャー・スタートアップ 」

イベントリポート

11月26日(木)、本学百年記念会館大会議室にて「第6回北大発ベンチャー促進懇談会11月例会~クラウドファンディング×ITベンチャー・スタートアップ ~」を実施しました。

この懇談会は、本学の教員、学生などが保有する起業計画を発掘し、支援の機会を拡大するのが目的で開催するもので、主催が本学産学・地域協働推進機構、共催として中小企業基盤整備機構北海道本部、後援が経済産業省北海道経済産業局、北海道、札幌市、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会、一般財団法人さっぽろ産業振興財団、公益財団法人北海道中小企業総合支援センター、北洋銀行、株式会社東京大学エッジキャピタル、北海道ベンチャーキャピタル株式会社となっております。

先ず、産学・地域協働推進機構の牧内勝哉副機構長の趣旨説明とあいさつから始まり、ショートプレゼンテーション、
①新しい資金調達トレンドとして、「創業×北海道発クラウドファンディングの可能性」をテーマに株式会社ACT NOW 代表取締役社長 杉山 央氏、
②起業家ケーススタディとして、「外国人旅行者向け美容室アテンドサービスCuwai-na -日本美髪預約-」をテーマにwecck株式会社 代表取締役 阿部 卓真氏、
「農作業(畑や田圃)に役立つ先端技術で一次産業の革新をサポート」をテーマに株式会社農業情報設計社 代表 濱田 安之氏、
「農業 × IT~ 生産者と消費者をつなぐ架け橋に」をテーマに株式会社タフスコーポレーション 代表取締役社長 田村 準也氏に登壇いただきました。

その後、講師による対談として、「クラウドファンディング×ITベンチャーサポートで生まれる北海道の新たなITビジネス」をテーマに、
株式会社ACT NOW 代表取締役社長 杉山 央氏をコーディネーター、NEDO前副理事長 倉田 健児氏をコメンテーターとしてディスカッションが行われました。
また、講師の皆様には第2部として、事前もしくは当日に申し込んだ参加者からの起業及び起業経験に関する質問や相談に、対応をいただきました。

本懇談会の次回の以降の予定は1/28(木)、2/23(火)です。既に起業プランがある方はもちろん、漠然とした起業への思いを抱いている方も、是非ご参加ください。


会場の様子(牧内副機構長挨拶)


講師対談(左から杉山氏、阿部氏、濱田氏、田村氏、浜中氏、倉田氏)


講師対談(左:濱田氏、右:田村氏)


左:司会 浜中氏、右:コメンテーター 倉田氏

リーフレット類


第6回北大発ベンチャー促進懇談会11月例会パンフレット(405 KB)

開催概要


  • 日 時:2015年11月26日(木) 15:00~17:15

  • 会 場:北海道大学 百年記念会館 大会議室

  • 参加費:無料

  • 定 員:80名(興味のある方ならどなたでも参加できます)


会場へのアクセス方法はこちらをご確認ください。
・交通アクセス

プログラム

第1部


オープニングトーク


15:00~

  • サポートプログラムの説明
      「2015年度・ITベンチャー支援の取組み」
       NPO法人札幌ビズカフェ 事務局 浜中 裕之


プレゼンテーション


    ◇新しい資金調達トレンド
  • 「創業×北海道発クラウドファンディングの可能性」
       株式会社ACT NOW 代表取締役社長 杉山 央

  • ◇起業家ケーススタディ
  • 「外国人旅行者向け美容室アテンドサービス
        Cuwai-na -日本美髪預約-」
       Wecck株式会社 代表取締役 阿部 卓真
  •          
  • 「農作業(畑や田圃)に役立つ先端技術で一次産業の革新をサポート」
       株式会社農業情報設計社 代表 濱田 安之

  • 「農業 × IT~ 生産者と消費者をつなぐ架け橋に」
       株式会社タフスコーポレーション 代表取締役社長 田村 準也


講師による対談


16:00~
「クラウドファンディング×ITベンチャーサポートで生まれる北海道の新たなITビジネス」
 

第2部 個別面談会

  
  講師がプレゼン内容、その他のご相談を個別面談でお受けします。
 事前予約を優先します。

講師のご紹介


浜中 裕之

Hiroyuki Hamanaka
NPO法人札幌ビズカフェ事務局

1985年北海道留萌市生まれ。
北海学園大学在学中、札幌市内近郊の大学生が道内企業に長期(6ヶ月~)に渡って事業立ち上げなどの実践的な就業体験を積む「長期実践型インターンシップ」のコーディネートを始める。
同活動をもって在学中に創業、NPO法人北海道エンブリッジを設立し代表理事に就任。
その後、創業時に支援を受けたNPO法人札幌ビズカフェの事務局も務める。
現在は「若者の起業家精神を育むコミュニティーづくり」を目的に大学や行政、企業など様々なセクションと連携した人材育成に取り組んでいる。


杉山 央

Hisashi Sugiyama
株式会社ACT NOW代表取締役社長

1980年生まれ。札幌出身。北海道大学法学部卒業、北海道大学大学院法学政治学コース(企業法務コース)短期終了。
司法研修所終了後、東京の法律事務所に入所。
同事務所では、ベンチャー企業の設立からIPO及び上場維持に関する法的支援、VC投資、M&A・IPOの法務DDを中心に業務を行う。
現在は、東京と札幌を中心に日本国内のベンチャー企業や証券会社に対する上場やM&A等 に関するアドバイス等を中心に業務を行っている。
また、セミナーについては会社法及び金融商品取引法の改正を始めとして、労務、ハラスメント、コンプライアンスに関するセミナーを多数行っている。
2010年 弁護士法人赤れんが法律事務所を設立、代表に就任。
2014年株式会社アクトナウ 代表取締役社長就任。その他札幌市内上場企業の社外取締役就任。
NPO法人札幌ビズカフェ事務局長。
日本ベンチャーキャピタル協会賛助会員。私法学会及び金融法学会会員。
札幌大学法学部非常勤講師。


阿部 卓真

Takuma Abe
Wecck株式会社 代表取締役

1992年、札幌生まれ。高校卒業後、ニューヨークの大学へ進学し、学生時代を過ごす。
多種多様な民族が暮らすアメリカで揉まれ、国際感覚とグローバルな論理的思考力を養う。米国でカルチャーショックを受け、日本のおもてなし、技術、礼儀は素晴らしいと改めて気付く。
帰国後モデル業を経て、米国で培った経験、国際感覚を活かし、中華圏向け美容室予約サービス「日本美髪預約」の立ち上げを行う。
同時期に、wecck株式会社を創設。
今後は香港・タイにもサービスを展開し、インバウンド事業で革新を狙う。


濱田 安之

Yasuyuki Hamada
株式会社 農業情報設計社 代表

1996年に北海道大学農学部を卒業し、農業機械化研究所(現(独)農研機構)に入所。農林水産省、北海道農業研究センターなどを経て平成26年春に独立・起業し現在に至る。
農業機械を中心とした農業生産技術の自動化やロボット化、情報化に関する技術開発と知見の提供に取り組むとともに、「農作業(畑・田んぼ)で役に立つ先端技術」と「農業生産管理(事務所・企業)で役に立つ先端技術」を両立する技術の開発を行っている。


田村 準也

Junya Tamura
株式会社タフスコーポレーション 代表取締役社長

2000年 株式会社タフスコーポレーションを設立し、2013年に自社農園 Tamura Natural Farmをスタート。※洋食事業1店舗、居酒屋事業5店舗経営にて現在に至る
北海道アグリキャラバンとして、道内の飲食店従事者と共に生産現場へ出向き、観光業に関連したフェスタを各種開催。2015年には北海道大学「大地のマルシェ」出店。「一次産業×飲食店のコラボによる新サービス開発事業」としてご当地キャンペーンを札幌で開催する。
地域の主力産業である一次産業者の多い地域にとって、食料供給先である飲食店こそ最高のステージと考え情報を発信している。


倉田 健児

Kenji Kurata
国立研究開発法人産業技術総合研究所客員研究員
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)前副理事長)

1984年に通商産業省(当時、現経済産業省)に入省後、産業政策、技術政策、エネルギー政策などの企画立案とその実施に従事。
こうした中で、ベンチャー企業支援のための政策や制度の策定に携わってきたほか、個々のベンチャー企業の支援を積極的に推進してきた。
2015年10月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)副理事長を最後に経済産業省を退官。
京都大学より博士(エネルギー科学)取得。

企業サービス&概要

NPO法人札幌ビズカフェ


NPO法人札幌ビズカフェは2000年6月に発足し、IT・バイオを中心としたベンチャー企業の発掘・育成・支援を行ってきました。
現在ではIT・バイオに限らず、食や観光、クリエイティブなど北海道の地域資源を活かした様々な領域で「新たに産業を生み出す企業」をサポートし、近年は活動領域を海外に展開する事業者の支援まで精力的に実施しております。
起業に必要な各種情報の提供や、法務・経済情報に関する講習会、地域産業を活発にするための支援事業を実施すると共に、異業種や各種研究機関との情報の交換、集積、共有を行う場の提供を行っています。

ACT NOW


ACT NOWは、北海道から発信するクラウドファンディング(以下CF)サービスです。
首都圏からCFサービスを行う会社が多い中、北海道を初めとする地方からの「地域活性化」と「自己実現」を旗頭にサービスを提供しています。
『ACT NOW』の使用方法は簡単です。
かなえたいプロジェクトについて、必要性を文章や写真で紹介し、必要な資金に応じて、リターン(お礼品)を設定します。目標金額に到達した場合支援金額を受け取れます。掲載料は無料で、例え資金調達に失敗したとしても、何度でも挑戦が可能です。
※『ACT NOW』は成功報酬型となっており、プロジェクト達成金額のうち10%程度を手数料として頂くことでサービスを展開しています。

Cuwai-na -日本美髪預約-  Wecck株式会社


Cuwai-naとはCute+Kawaiiを掛け合わせた造語です。
Cuwai-naアプリを使えば、世界的にもトップレベルの日本の美容施術を外国人でも安心して受けることができます!このアプリではWecck株式会社が選定したハイクオリティの美容室を【札幌エリア】【東京エリア】 【大阪エリア】から外国人ユーザーが選択し、行き先を選ぶだけで、提携美容室にお連れし施術を提供することができます。
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局