証券系創薬ベンチャーキャピタルの狙い

イベントリポート

2月23日(火)、薬学部臨床講義室にて「第8回北大発ベンチャー促進懇談会2月例会~証券系創薬ベンチャーキャピタルの狙い」を実施しました。

この懇談会は、本学の教員、学生などが保有する起業計画を発掘し、支援の機会を拡大するのが目的で開催するもので、主催が本学産学・地域協働推進機構、共催として中小企業基盤整備機構北海道本部、後援が経済産業省北海道経済産業局、北海道、札幌市、北大リサーチ&ビジネスパーク推進協議会、一般財団法人さっぽろ産業振興財団、公益財団法人北海道中小企業総合支援センター、北洋銀行、株式会社東京大学エッジキャピタル、北海道ベンチャーキャピタル株式会社となっており、今回から小樽商科大学ビジネス創造センターも加わっております。

2月の例会では、大和証券が創薬ベンチャーへの出資を狙って新たに組成したDCIパートナーズの戦略を伺うこととしました。

先ず、産学・地域協働推進機構の牧内勝哉副機構長の趣旨説明とあいさつから始まり、ショートプレゼンテーションとして、
「DCI パートナーズのバイオファンドのご紹介」をテーマにDCIパートナーズ株式会社 代表取締役社長 成田 宏紀氏、
「ラッパのマークの正露丸」の新規事業開発」をテーマに大幸薬品株式会社 戦略担当部長 太田 譲治氏、
「中国の現状 / 新薬技術のビジネス環境・知財」をテーマに川本バイオビジネス弁理士事務所 所長および上海大邦法律事務所(DeBund)・知識財産権代理公司 高級顧問 川本 敬二氏に登壇いただきました。

また、講師の皆様には第2部として、事前もしくは当日に申し込んだ参加者からの起業及び起業経験に関する質問や相談に、対応をいただきました。

次回(3月29日)は、今年度最後の懇談会となり、年次報告会やピッチイベントなどがあり盛りだくさんです。
皆様のたくさんのお越しをお待ちしております。


DCIパートナーズ株式会社 成田 宏紀代表取締役社長


大幸薬品株式会社 太田 譲治戦略担当部長


川本バイオビジネス弁理士事務所 川本所長


会場の様子


名刺交換会の様子


個別面談の様子

リーフレット類


第8回北大発ベンチャー促進懇談会2月例会パンフレット(4,231 KB)

開催概要


  • 日 時:2016年2月23日(火) 15:00~

  • 会 場:北海道大学 薬学部臨床講義室

  • 参加費:無料

  • 定 員:50名(興味のある方ならどなたでも参加できます)


会場へのアクセス方法はこちらをご確認ください。

北大札幌キャンパス地図(薬学部)((1,300 KB)

プログラム

第1部


開会の挨拶


15:00~

  • 北海道大学 産学・地域協働推進機構
       副機構長 牧内 勝哉


プレゼンテーション



  • 「DCI パートナーズのバイオファンドのご紹介」
       DCIパートナーズ株式会社  代表取締役社長 成田 宏紀

  • 「ラッパのマークの正露丸」の新規事業開発
       大幸薬品株式会社      戦略担当部長 太田 譲治
  •       
  • 「中国の現状 / 新薬技術のビジネス環境・知財」
       川本バイオビジネス弁理士事務所 所長   
       上海大邦法律事務所(DeBund)・知識財産権代理公司
                       高級顧問 川本 敬二


第2部 個別面談会


名刺交換会

16:30~

個別面談会

16:40~  
  講師がプレゼン内容、その他のご相談を個別面談でお受けします。
 事前予約を優先します。

講師のご紹介


成田 宏紀

Hiroki Narita
DCIパートナーズ株式会社代表取締役社長

2000年にエヌ・アイ・エフベンチャーズ㈱(現:大和企業投資㈱)入社。入社以後、バイオ・ヘルスケアを中心としたベンチャー投資を手掛け13社に対して約100億円の投資を行い、6社の非常勤取締役へ就任した。2015年に約116億円の大和日台バイオベンチャー投資事業責任組合を設立した。


太田 譲治

Joji Ota
大幸薬品株式会社戦略担当部長

1959年山梨県甲府市生まれ、静岡高校・東京大学法学部・米国ペンシルバニア大学法律大学院・ピッツバーグ大学経営大学院卒業。
日本輸出入銀行・日興證券・オリックス・サイバードで金融・投資業務(プライベート・エクイティ、ベンチャー・キャピタル)を、A.T.カーニー・McAfee・大幸薬品で、経営コンサルティング・経営企画・国際業務等を経て、現在「健康という『大』きな『幸』せを世界のお客様に提供する」企業理念を実現するべくヘルスケアセグメントで新規事業開発に従事。


川本 敬二

keiji Kawamoto
川本バイオビジネス弁理士事務所 所長
上海大邦法律事務所(DeBund)・知識財産権代理公司 高級顧問

藤沢薬品(株)(現アステラス製薬)にて、特許出願・侵害訴訟・国際法務担当。
米国法律事務所及び米国子会社出向を経て、2003 年退社。
2005 年、川本バイオ・ビジネス弁理士事務所(東京)設立。
2011 年8 月~復旦大学語学コース。2012 年7 月、上海大邦法律事務所参加。
2015 年11 月東京で再開業。バイオベンチャーの知財・契約スキーム立案・構築を専門。

企業&サービス概要

DCIパートナーズ株式会社


大和日台バイオベンチャー投資事業有限責任組合は、日台協業を投資戦略の柱に据え、日本と台湾の創薬バイオベンチャーへの投資に加え、研究機関、大学、企業からのシーズをもとに本ファンドが主体となり、バイオベンチャーを設立するベンチャークリエーション案件を主な投資対象としています。

大幸薬品株式会社


薬品(正露丸)および感染管理製品(クレベリン)の製造販売

川本バイオビジネス弁理士事務所


(1)ライフサイエンス技術のビジネス化、国際展開、ビジネス提携関係の構築
ビジネス スキーム・契約スキームの立案・関連契約の交渉
契約の起草・修正・締結に関連する業務遂行
「特許・技術情報」等の知的財産権問題の処理
(2)ライフサイエンス技術の中国戦略
中国・台湾での医薬品の開発・薬事規制に関する総合コンサルティング
中国・台湾企業との連携を目的とした事業開発
中国企業との連携による世界展開
中国ビジネスに関し、ビジネス・契約スキームの立案、交渉、契約書の起草・締結
北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局