シーズ技術紹介

【情報通信】 (2016/03/09公開)

電子ホログラフィックHMD 装置の開発

大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
坂本 雄児 教授

北海道大学研究シーズ集webサイトオープンのお知らせ

かねてより準備を進めておりました北海道大学研究シーズ集webサイトをオープンいたしました。

本研究者の研究シーズはこちらです↓↓

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/49/
ご利用者様・サイト訪問者様により使いやすく、質の良い情報を発信していけるよう、更新をしてまいります。北海道大学研究シーズ集webサイトをよろしくお願いいたします。





理想的な3D 映像の表示


電子ホログラフィによるカラー3D 表示のヘッドマウントディスプレイ(HMD)装置の開発をしています。これには新たな計算アルゴリズムと新設計の光学系が用いられ、美しい3D 映像を実現しました。

研究の内容


本研究の電子ホログラフィによる装置では人間の視覚生理に適合したストレスの無い3D 映像を表示することができます。本研究の電子ホログラフィ装置では従来必要であった複雑な光学系を単純な構成の光学系に置き換えました。これによって、小型、軽量、低価格かつフルカラーの美しい画像を実現しています。
また、今回開発された装置では、電子ホログラフィとしては世界でもトップクラスの3m 離れた32 インチ相当の表示領域を持ち、その画質とともに、実用的な表示を実現しています。

応用例


  • 拡張現実感3D 映像装置
  • 立体CAD 用3D 表示装置
  • 3D ビデオ鑑賞装置


産業界へのアピールポイント


この電子ホログラフィ装置は、CAD など機械設計の立体表示、分子設計における立体モデルの表示などの3D 映像の表示システムの応用だけでなく、遠隔医療システム、HMD によるAR システムや立体顕微鏡、立体内視鏡や、更により進んだ内視鏡下手術ロボットなどの様々な分野の装置への組み込みが期待されます。

研究室ホームページ


大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
情報メディア学講座 メディアメディア創生学研究室
http://mcm-lab.ist.hokudai.ac.jp


※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで
Update 2018-04-17
北海道大学 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局 北海道大学研究シーズ集Webサイト
EARTHonEDGE北海道 DEMOLA HOKKAIDO 創業デスク 北海道大学 産学連携メールマガジン