シーズ技術紹介

【情報通信】 (2016/03/09公開)

バイオメディカル光イメージングのための数理アルゴリズム開発

大学院工学研究院 機械宇宙工学部門 機械フロンティア専攻
藤井 宏之 助教

北海道大学研究シーズ集webサイトオープンのお知らせ

かねてより準備を進めておりました北海道大学研究シーズ集webサイトをオープンいたしました。

本研究者の研究シーズはこちらです↓↓

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/178/
ご利用者様・サイト訪問者様により使いやすく、質の良い情報を発信していけるよう、更新をしてまいります。北海道大学研究シーズ集webサイトをよろしくお願いいたします。





生体における光伝搬数理モデルの構築


バイオメディカル光イメージングの発展には、高精度かつ計算効率に優れた光伝播モデルが必要です。本研究では、光伝播を高精度に記述する輻射輸送方程式の高速解法を構築することに成功しました。提案手法による光診断・治療の高度化に取り組んでいます。

研究の内容


本研究では、輻射輸送方程式に基づいたバイオメディカル光イメージングの数理アルゴリズム構築を行っています。

従来の数理モデルに基づいたイメージングでは適用できなかった生体組織や生体部位にも適用でき、また画像解像度の優れたイメージング技術を目指しています。

これまで、輻射輸送方程式の数値計算負荷は膨大であることから、小さいサイズの生体に適用が制限されていました。本研究では、輻射輸送方程式と光拡散方程式を連結することによって、高精度かつ計算効率に優れた光伝播モデルを開発することに成功しました。

開発した光伝播モデルに基づいた光イメージングは、様々な生体組織・部位に適用可能です。現在は、ヒト頸部における甲状腺腫瘍の光診断や、生体組織における光学特性値のin-vivo 評価への適用に向けて取り組んでいます。

応用例


  • 甲状腺腫瘍の光診断;従来の手法では判別の難しい種類の腫瘍に対して、光診断が有効であると考えています。
  • 脳機能イメージング;脳活動のダイナミクスを従来よりも高精度に捉えられると考えています。


産業界へのアピールポイント


本研究者たちが提案している、光イメージング技術は、皮膚などの小さい組織から、ヒト頸部などの大きい部位に対しても適用可能であり、有用性は高いと考えています。

また、光と熱、音などの融合も期待でき、熱工学、音響工学の研究者、あるいは企業との共同研究も考えております。

研究室ホームページ


大学院工学研究院 機械宇宙工学部門 
流体力学研究室
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/labo/fluid/



※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで

Update 2018-04-17
北海道大学 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局 北海道大学研究シーズ集Webサイト
EARTHonEDGE北海道 DEMOLA HOKKAIDO 創業デスク 北海道大学 産学連携メールマガジン