シーズ技術紹介

【その他】 (2016/03/09公開)

コンテンツツーリズムの応用研究

観光学高等研究センター
山村 高淑 教授

北海道大学研究シーズ集webサイトオープンのお知らせ

かねてより準備を進めておりました北海道大学研究シーズ集webサイトをオープンいたしました。

本研究者の研究シーズはこちらです↓↓

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/161/
ご利用者様・サイト訪問者様により使いやすく、質の良い情報を発信していけるよう、更新をしてまいります。北海道大学研究シーズ集webサイトをよろしくお願いいたします。





コンテンツツーリズムを通した文化の伝播・受容に関する国際比較研究とその応用としての観光まちづくり施策の立案


コンテンツツーリズムをポップカルチャーの伝播と受容の側面から捉え直し、そうしたツーリズムが他者理解に果たす役割を明らかにすべく国際比較研究を展開しています。さらにそこで得られた知見を観光まちづくりの現場に具体的施策として還元しています。

研究の内容


本研究では、コンテンツツーリズム(「物語」や「作品」、それらを構成する諸要素によって意味が与えられた場所を、実際に訪れ、当該コンテンツを体感する行為)を対象として、以下の三点を目的とした国際共同研究を展開しています。

第一に、コンテンツツーリズムをポップカルチャーの伝播と受容の側面から捉え直すことを通して、そうしたツーリズムが他者理解に果たす役割を明らかにすること。
第二に、これを踏まえて、コンテンツを核とした交流型観光まちづくりのあり方をモデル化すること。
そして第三に、我が国の置かれている地政学上とりわけ国際的な相互理解が求められている東アジア地域に着目し、日本のコンテンツをきっかけとしたコンテンツツーリズムが、我が国の文化的安全保障に向けてどのような可能性と課題を有しているのか考察を行うこと、です。

応用例


  • アニメコンテンツを活用した地域振興計画の立案
  • ポップカルチャーをテーマとした国際交流イベントの立案
  • 観光交流をとおした文化的安全保障論の提唱、政策提案


自治体/産業界へのアピールポイント


アニメ・マンガ・ゲーム等のコンテンツをきっかけ、目的としたツーリズムについて、国際的なデータベースを作成しています。

また海外におけるジャパン・コンテンツに関するイベントでの来場者調査などから、今後のインバウンド誘致のあり方を検討しています。

研究室ホームページ


観光学高等研究センター 山村高淑研究室
(日本語)http://yamamuratakayoshi.com/ 
(English)http://yamamuratakayoshi.com/en/


※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで

Update 2018-04-17
北海道大学 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局 北海道大学研究シーズ集Webサイト
EARTHonEDGE北海道 DEMOLA HOKKAIDO 創業デスク 北海道大学 産学連携メールマガジン