シーズ技術紹介

【その他】 (2016/03/09公開)

光るプランクトン

大学院水産科学研究院 海洋生物資源科学部門/北極域研究センター
山口 篤 准教授

北海道大学研究シーズ集webサイトオープンのお知らせ

かねてより準備を進めておりました北海道大学研究シーズ集webサイトをオープンいたしました。

本研究者の研究シーズはこちらです↓↓

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/261/
ご利用者様・サイト訪問者様により使いやすく、質の良い情報を発信していけるよう、更新をしてまいります。北海道大学研究シーズ集webサイトをよろしくお願いいたします。





カイアシ類のGFPとルシフェラーゼ


海洋生物の中には生物発光をする様々な生き物が居ます。プランクトンの中で最優占するカイアシ類から、蛍光タンパク質(green fluorescent protein: GFP)と分泌型ルシフェラーゼ(発光酵素)を同定しました。

研究の内容


動物プランクトンは、海洋生態系において基礎生産を高次生物に受け渡す、エネルギー転送者としての役割を持っています。

北極海に優占する動物プランクトンはカイアシ類で、大半の種が1年以内の世代時間を持ち、かつホルマリン固定にて、半永久的な試料保存が可能なため、該当海域における生物生産の経年変動を評価するのに適した分類群です。

またカイアシ類のうち、いくつかの種は生物発光能力があります。これは、暗い海の中で、捕食されそうになった時に発光し、捕食者への目くらましに使用すると考えられています。

カイアシ類から、蛍光タンパク質(GFP)とルシフェラーゼ(発光酵素)を同定しました。

応用例


  • 光る花(NEC ソリューションイノベータ)
  • レポータータンパク質としての応用


自治体/産業界へのアピールポイント


当研究グループ(産総研との共同研究)がクローニングしたカイアシ類ルシフェラーゼは耐熱性があり、pHによる発光スペクトルの変動も無く、細胞外分泌型レポータータンパク質として優れた特性を持っています。

本研究に関連する知的財産


特許第5582476 号 「海洋プランクトン由来発光タンパク質」

研究室ホームページ


水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋生物学分野
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~h21292/



※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで

Update 2018-04-17
北海道大学 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局 北海道大学研究シーズ集Webサイト
EARTHonEDGE北海道 DEMOLA HOKKAIDO 創業デスク 北海道大学 産学連携メールマガジン