シーズ技術紹介

【その他】 (2016/03/09公開)

気候モデリング研究

北極域研究センター/大学院地球環境科学研究院 地球圏科学部門
吉森 正和 准教授

数値気候モデルを用いた気候変動メカニズムの解明


室内に地球の実験装置を作ることはできません。そこで、変動する気候の要因を特定し、地球温暖化の未来像を描くために、コンピュータの中に作られた仮想の地球を使って、さまざまな数値実験を行っています。

研究の内容


大気や海洋の流れなど、気候システムを再現する数値気候モデルには、確実性の高い部分、不確実性の高い部分、まだ考慮されていない要素があります。したがって、気候の将来予測には不確実性がつきものです。

モデルや観測データを使って気候システムの理解を深め、その理解を通じてこの不確実な部分を支えます。将来の気候変化において「想定外」を起こさせないために、今をじっくりと見つめながら、地球が実際に経験した過去の気候からも学んでいきます。

現在、北極域は地球平均の約2倍の速さで温暖化が進んでいます。なぜ、北極の温暖化のスピードは速いのでしょうか、将来はどうなるのでしょうか。

こうした疑問に丁寧に向き合って、研究を進めています。

応用例


  • 気候変動に関する政府間パネルIPCC への貢献
  • 地球温暖化予測の信頼性評価
  • 北極温暖化増幅プロセスの特定
  • 過去の気候変動メカニズムの解明


自治体/産業界へのアピールポイント


将来の気候変動予測に関する知見の提供と予測に資する基礎研究を行っています。

研究室ホームページ


大学院地球環境科学研究院 地球圏科学部門 大気海洋物理学分野
http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/people/myoshimo/



※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで

北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局