シーズ技術紹介

【その他】 (2016/03/09公開)

無機固体電解質を用いた全固体リチウム二次電池

大学院工学研究院 応用化学部門
忠永 清治 教授

北海道大学研究シーズ集webサイトオープンのお知らせ

かねてより準備を進めておりました北海道大学研究シーズ集webサイトをオープンいたしました。

本研究者の研究シーズはこちらです↓↓

https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/jp/view/65/
ご利用者様・サイト訪問者様により使いやすく、質の良い情報を発信していけるよう、更新をしてまいります。北海道大学研究シーズ集webサイトをよろしくお願いいたします。





液相からの硫化物固体電解質の作製


高いリチウムイオン伝導性を示す硫化物系ガラスを有機溶媒に溶解させ、これを乾燥させるという単純なプロセスで、硫化物系固体電解質を析出させることに成功した。また、電極活物質へのコーティングに適用可能であることも見出した。

研究の内容


リチウムイオン伝導性固体電解質を電解質として用いる全固体リチウム二次電池において、良好な電極-電解質間界面の構築が電池の高エネルギー密度化に非常に重要である。

本研究では、液相から硫化物系固体電解質を作製することにより、良好な電極-電解質界面の構築を目指した。

Li2S-P2S5系固体電解質をN-メチルホルムアミド(NMF)に溶解させて均質な溶液を作製し、その溶液からNMFを除去することでLi2S-P2S5 系固体電解質を再析出させることに成功した。

この溶液と正極材料であるLiCoO2を混合し、NMFを除去することによってLiCoO2 上に固体電解質をコーティングした。これを用いて電極複合体を作製し、得られた電極複合体、硫化物系無機固体電解質を用いて全固体リチウム電池を作製したところ、安定に動作することを確認した。

応用例


  • 自動車用蓄電池
  • 電力貯蔵用蓄電池
  • 家庭用蓄電池


産業界へのアピールポイント


有機電解液にかえて無機固体電解質を用いた全固体リチウム二次電池は、安全性、信頼性に優れた次世代の蓄電池としてその開発が期待されている。

全固体電池の実用化のためには、材料関連を取り扱う企業を中心に、全固体電池に対する積極的な取り組みが期待される。

本研究に関連する知的財産


特願2013-064161「全固体リチウム二次電池の固体電解質を含む層の形成用溶液、全固体リチウム二次電池及びその製造方法」

研究室ホームページ


大学院工学研究院 応用化学部門 
無機合成化学研究室
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/inorgsyn/



※お問い合わせは 北海道大学 産学・地域協働推進機構ワンストップ窓口まで

Update 2018-04-17
北海道大学 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局 北海道大学研究シーズ集Webサイト
EARTHonEDGE北海道 DEMOLA HOKKAIDO 創業デスク 北海道大学 産学連携メールマガジン