北海道大学✕技術ベンチャーセミナー「技術系ベンチャー創業のノウハウ」

イベントリポート

11月11日(金)、学術交流会館において、北海道大学×技術ベンチャーセミナーを開催しました。約20人が参加され、大学発ベンチャー創業のノウハウについて、熱く語り合いました。プレゼンテーターのお二方は、いずれも自らの体験に基づく、ベンチャー創業や創業支援について、悩みや障害の克服策も含め語っていただき、まさに、肉声ともいえる生の言葉をたくさんお伺いすることができました。

北大発ベンチャーを今年4月に立ち上げた須佐太樹ライラックファーマ(株)社長は、今まで関係したベンチャーへの誘いやチャンスに参加しなかった経験をもとに「なぜ今年4月にベンチャーを立ち上げる決断をしたのか」について説明していただきました。北大の内外で創業するか、しないかについて、思い悩んでいる方々にとって、決断にいたる判断基準を提供していただけたと思います。

大手ベンチャーキャピタルでの成功例を元に、スピンアウトして自らファンドを集め、Beyond Next Ventures(株)を立ち上げた伊藤毅社長には、大学のシーズレベルの研究成果を迅速に事業化につなげるアクセラレーションプログラム「BRAVE」の、募集に至るまでの経緯をご説明いただき、ファンド集めに着手するきっかけや、出資にはまだ時間のかかるシーズレベルへの取り組みに至る思いを語っていただけました。

会場は、円卓方式の座席とし、講師と聴衆といった一方向の関係ではなく、問題を共有し、共同して解決するような雰囲気で進めることができました。企業の経営者、大学の教員、学生などの方々約20人にご参加いただき、ほとんどの皆様にご発言いただけたと思います。

例えば、大学のシーズをもとに起業を検討する際にもっとも問題になるのは、社長になるべき人材の発見、マッチングであることです。ベンチャーキャピタルやベンチャー起業家は、社長の人材紹介の様なことをやってくれるものだろうか、という議論が行われました。

道内でそのような人材を探索した経験、首都圏の人材状況、ベンチャーキャピタリストがもつ人材ネットワークなどについて、情報交換がおこなわれました。15時にセミナー自体は終了しましたが、その後、名刺交換、個別面談などを含め暗くなるまで、意見交換を実施いたしました。

産学・地域協働推進機構では、今後とも密度の高い創業の情報交換、意見交換をおこなうことができる機会を提供していきたいと思います。ご期待ください。


牧内副機構長挨拶


プレゼンテーションの様子

リーフレット類


北海道大学✕技術ベンチャーセミナーリーフレット(17,411 KB)


開催概要


  • 日 時:2016年11月11日(金) 13:30~15:00(開場13:00)

  • 会 場:北海道大学 学術交流会館1F 第2会議室

  • 参加費:無料

  • 定 員:30名


会場はこちらをご確認ください。
・学術交流会館

プログラム

13:30~ 開会挨拶 北海道大学 産学・地域協働推進機構 
     副機構長 特任教授 牧内勝哉

13:35~ プレゼンテーションセッション 
     ―大学発ベンチャーとベンチャーキャピタルによる各社自己紹介―
 
     須佐 太樹氏(ライラックファーマ株式会社 代表取締役) 
   「私はコレで、大学を辞めました。
       ~終身雇用の大学職員が起業するまでの経緯と決断ポイント~」
 
     伊藤 毅氏
      (Beyond Next Ventures株式会社
        代表取締役 マネージングパートナー)
   「Beyond Next Venturesと
       シードアクセラレーションプラットフォームBRAVEについて」

14:15~ パネルディスカッションセッション
     ―技術系ベンチャー創業の苦労とノウハウ―

15:00~ 名刺交換タイム

講師のご紹介


須佐 太樹

Motoki Susa
ライラックファーマ株式会社 代表取締役 博士(理学)

民間企業や国立研究所にて、研究用試薬、結核菌検査機器の研究開発等に従事。その後北大に移籍し、医薬分野等の知財マネジメント、マーケティング、ライセンス交渉、大学発ベンチャー支援等に10年以上携わる。

「北大発アカデミア創薬」の新たな流れを作るべく、2016 年6 月ファイラックファーマ株式会社設立。起業後も北大の産学連携アドバイザーとして北大の医薬シーズ発掘を兼務。現在はパーキンソン病治療薬の非臨床開発を先行して手掛けている。
今年3 月のNEDO-SUI 採択及びSAPPORO ベンチャーグランプリ大賞受賞。


伊藤 毅

Tsuyoshi Ito
Beyond Next Ventures株式会社 代表取締役 マネージングパートナー

2003年東京工業大学大学院 理工学研究科化学工学専攻修了後、ジャフコ入社。ジャフコにて主にリードインベスターかつ社外取締役として支援した先には、CYBERDYNE(2014年3月東証マザーズ上場)、Spiber、クオンタムバイオシステムズ、サイフューズ、マイクロ波化学等があり、大学発の技術シーズ段階からの事業化支援および投資活動に関して多数の実績と経験を有する。

2014年7月にジャフコを退社し、2014年8月に大学発ベンチャー、技術系ベンチャーのシードステージからのインキュベーション投資事業を行うことを目的にBeyond Next Ventures株式会社を創業し、代表取締役に就任。2015年2月より1号ファンドを組成し、主にシード・アーリーステージの大学発ベンチャーへの投資を手がける独立系ベンチャーキャピタルとして活動中。

現在、Spiber株式会社、リバーフィールド株式会社、株式会社キュア・アップの社外取締役、およびJSTのSTARTプログラム代表事業プロモーターを兼務。

企業&サービス概要

ライラックファーマ株式会社


「北大の最先端の研究成果から医薬品を創り育てる。」
現在はNEDOや札幌市等の支援を受けて、難病の一つであるパーキンソン病の根治薬を手掛けている。

Beyond Next Ventures 株式会社


Beyond Next Venturesは、自らもゼロから創業した、起業家精神あふれる独立系ベンチャーキャピタルです。「起業家と共に、大学等の高度な技術シーズを実用化し、新産業創出と人材輩出により社会に貢献する」をミッションとして、日本の高度な研究成果の実用化、グローバルなマーケットを狙う大学・研究所発ベンチャーの設立を目指し、国内外の投資先企業、起業家、出資者、専門家等のネットワーク、知見や経験を活かしつつ事業化に取り組みます。
 当社は大学発・技術系ベンチャーが今後の日本の新産業を創っていくと信じています。起業家、研究者と共に、世界に貢献できる大学発・技術系ベンチャーを数多く創出していきたいと考えています。

北海道大学 TLO通信 創業デスク 北海道大学研究シーズ集 vol.4
食科学プラットフォーム 北海道大学URAステーション 北海道大学 研究者総覧 onちゃん北大事務局