トピックス

vol.37_2月のイベント 第6回SPOPLA北海道ビジネスミーティングのご案内

2021.02.10

【北海道大学】産学連携メールマガジンvol.37

北大産連メルマガ事務局 様
◆◇北大産学連携メールマガジン   2021年02月10日号
北海道大学の研究成果や研究者、イベント情報など産学連携にかかわる様々な情報を不定期にお届けいたします。
今回は2月開催のイベントについてご案内いたします。
┼─ 目次 ─────────────────────────
│ [1] 《イベント》第6回SPOPLA北海道ビジネスミーティング(2/19)
│ [2] 《お知らせ》あとがき
┼──────────────────────────────    
                                   
┌─┐
│1│ 第6回SPOPLA北海道ビジネスミーティングオンライン開催
└─┼────────────────────────
【2021年2月19日(金)10:30~15:00】
北海道経済産業局及びSPOPLA北海道は、2月19日(金)に第6回SPOPLA
北海道ビジネスミーティングをオンライン開催します。
今回のビジネスミーティングのテーマは「5G・VR等先端技術とスポーツの融合」
です。スポーツ分野での5G等の活用に向けた基調講演や、北海道で取り組まれている
「スポーツ×先端技術」の最新事例をご紹介します。
トークセッション「スポーツ×先端技術」で変わる~新しい北海道のスポーツビジネス~のクロストークでは
産学・地域協働推進機構 山本 強特任教授がパネリストとして参加します。
◇◆プログラム◇◆
10:30~ 応援メッセージ(スポーツ庁 長官 室伏 広治 氏)
10:35~ 基調講演 『(仮)スポーツと5Gを中心とした最新技術による未来』
11:15~ 施策紹介 『スポーツを通じた地域振興施策について』
11:30~ 連携テーマ発表
      ①サツドラホールディングス(株)/②(株)ドリームベース
12:00~ 昼休憩
13:00~ トークセッション『「スポーツ×先端技術」で変わる~新しい北海道のスポーツビジネス~』
視聴できるのは、申し込みいただいた方のみになります。
お申込みのうえ、ご視聴ください!
日時|2月19日(金)10:30~15:00 
形式|オンライン(YouTube Live)
費用|無料
主催|SPOPLA北海道、経済産業省北海道経済産業局
協力|スポーツ庁、札幌市、スポーツハブKANSAI、(一社)北海道eスポーツ協会
お申し込み・詳細はこちら↓↓
https://www.hkd.meti.go.jp/hokch/20210204/index.htm
※申込期限:2月18日(木)12:00まで
┌─┐
│2│ あとがき 
└─┼────────────────────────
今年の節分は124年ぶりに2月2日で、驚かれた方も多いのではないでしょうか?
日にちがずれる理由は、地球が太陽を一周する時間が365日ぴったりではないからだそうです。
今年からしばらくは4年ごとに2月2日が節分に。
さて、今回は本学の卒業生として各業界でご活躍されている方へのインタビューページをご紹介します。
「水曜どうでしょう」HTB(北海道テレビ放送)の藤村忠寿氏や宇宙飛行士の毛利衛氏へのインタビューが掲載されています。
北大人群像:フロンティア精神の体現者たち
https://www.hokudai.ac.jp/interview/
 
■───────────────────────■
【北大産連メルマガ事務局】
〒001-0021 札幌市北区北21条西10丁目 北キャンパス3号館2階
北海道大学 産学・地域協働推進機構
(担当:左海、加賀)
TEL:011-706-9561   FAX:011-706-9550
mail:huaic-magazine@mcip.hokudai.ac.jp
https://www.mcip.hokudai.ac.jp/pub/mail_magazine/
◇研究シーズ集サイトはこちらです↓↓
https://seeds.mcip.hokudai.ac.jp/
◇メルマガ新規登録:ぜひ下記URLをご案内下さい
https://www.mcip.hokudai.ac.jp/pub/mail_magazine/entry.html
◇登録解除・変更お手続きはこちらです↓↓
https://www.mcip.hokudai.ac.jp/pub/mail_magazine/update.html
■───────────────────────■
Copyright(C)2018 Institute for the Promotion of Business-Regional Collaboration, Hokkaido University